【帰れマンデー】日本一有名な秘湯!秋田『乳頭温泉郷 鶴の湯温泉』(2019/12/9)

2019年12月9日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』は秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅「バスサンド」。成田凌&Perfumeかしゆか&いとうあさこが秋田県・乳頭温泉郷へ!こちらのページではその中で紹介された「鶴の湯温泉」についてまとめました。くわしい情報はこちら!

スポンサーリンク

秋田・乳頭温泉郷

標高1478メートルの乳頭山のふもとに点在する「七湯」の総称が『乳頭温泉郷』。乳頭温泉郷には「七湯・七宿」があり、それぞれ泉質や趣が異なっているのも特徴。

≫≫ 詳しくはこちら



鶴の湯温泉

そんな乳頭温泉郷でもっとも有名な温泉が、乳白色の美しい温泉で知られる「鶴の湯温泉」。4つの源泉を持ち、特に白濁の温泉はお肌をスベスベにするうえ潤いをももたらしてくれる美肌の湯としても知られています。

様々なメディアで取り上げられており「日本一有名な秘湯」とも呼ばれている「鶴の湯」ですが、秘湯は秘湯なので「日本秘湯を守る会」の会員宿となっています。

過去紹介されたTV番組はこちら↓

【教えてもらう前と後】プロが選ぶ!総合力1位の秘湯温泉宿「鶴の湯温泉」秋田・乳頭温泉郷(2019/1/29)
2019年1月29日放送の『教えてもらう前と後』は日本一の温泉宿を紹介!温泉のプロが選んだ“総合力No.1秘湯”は、秋田県・乳頭温泉郷の「鶴の湯温泉」!詳しい情報はこちら! 30年に渡り全国の温泉を巡ってきた温泉紀行ライターの飯出敏夫さんが紹介! 『総合力でNo.1秘湯』...
【どうしても入りたい!にっぽん“雪見の名湯”BEST10】で紹介された温泉宿をまとめました!
3月11日放送(関東エリアは2月25日放送)の『どうしても入りたい!にっぽん“雪見の名湯”BEST10』で紹介された温泉宿はこちら! 雪見の名湯ベスト10 ランキング形式で「にっぽんの雪見の名湯ベスト10」を発表! 限られた時間しか出合えない神秘の絶景温泉から、グッドデ...
乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
電話番号:0187-46-2139
総客室数:34室

≫≫ 宿泊予約はこちら!


[PR]ホテル予約なら楽天トラベル


鶴の湯温泉

白湯黒湯中の湯滝の湯」という4種類の泉質の異なる源泉を持つ鶴の湯。

特に有名な混浴露天風呂は「白湯」と同じ源泉。硫黄泉であり、炭酸水素塩泉なので「ダブル美人の湯」。塩化物泉なので保湿・保温効果もあります。完璧な泉質ですね♪

秋田 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
(出典:http://www.nyuto-onsenkyo.com)

【白湯】
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)

その他の泉質は次のとおり。

【泉質】
黒湯:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
中の湯:含重曹・食塩硫化水素泉
滝の湯:含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

宿泊だけでなく、日帰り入浴も楽しめます。

日帰り入浴:大人600円、小人300円
●入浴時間:10:00~15:00
*月曜は露天風呂清掃のため、内湯のみ(月曜が祝日の場合は翌日)

≫≫ 「鶴の湯」の参考記事はこちら

「鶴の湯温泉」の宿泊予約はこちら

1号館・2号館・本陣・新本陣・東本陣は電話(0187-46-2139)での予約のみ受付。(受付時間 7:00~22:00)

別館「山の宿」はネットでも予約を受け付けています。「鶴の湯」も無料で利用でき、無料送迎もあります。

宿泊予約はこちら

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
住所:秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
電話番号:0187-46-2139
総客室数:34室
チェックイン:15:00~
チェックアウト:~10:00

まとめ・感想

秘湯なのには違いないのですが、テレビや雑誌で何度も紹介されているのですっかり有名な温泉になった「乳頭温泉郷 鶴の湯温泉」。

一度は行ってみたいと思いますが、やっぱりどうせ行くのなら雪が降り積もる冬場がいいかな?乳白色の露天風呂で雪見風呂。最高ですよね♪ アクセスにはちょっと難がありますが、頑張って行ってみる価値はありそう。

「鶴の湯」の方が建物などは趣はありそうですが、快適に過ごすならちょっとお値段的にはお高いですが別館「山の宿」の方がよさそうです。


[PR]一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!



テレビ朝日「帰れマンデー見っけ隊!!」
月曜日19時00分~
出演:タカアンドトシ、サンドウィッチマン
ゲスト:かしゆか(Perfume)、成田凌、いとうあさこ




タイトルとURLをコピーしました