【LIFE】神戸の台湾家庭料理「小宇宙食堂 space&deli」

2022年6月18日放送の『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されたのは、おいしい&体に優しい!台湾家庭料理『小宇宙食堂 space&deli』。詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

台湾家庭料理「小宇宙食堂 space&deli」

2021年8月、神戸市灘区、六甲道(新在家)の街にオープンした『小宇宙食堂』。台湾出身のシェフが作る台湾家庭料理のお店です。須磨に1号店があり、こちらは2号店。

オーナーは台湾出身のリン・シエさん。お店の名物は台湾の屋台グルメとしても知られる「ルーローハン」。「ルー」は“煮る」で「ロー」は“肉”。コラーゲンの多い神戸ポークを長時間煮込んで作る看板料理なんだそう。

LIFE夢のカタチ ライフ 台湾家庭料理 小宇宙食堂 神戸市
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

また、旬の素材を練り込んだ「台湾點心」は、国産の小麦粉と天然酵母を合わせて皮から手作りしています。しっとり茹でた鶏肉に、自家製のネギ油と醤油ダレをかけた「鶏めし」も、台湾南部で有名な郷土料理のひとつなんだとか。

LIFE夢のカタチ ライフ 台湾家庭料理 小宇宙食堂 神戸市
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

どの料理も体に染み入るような優しい味わいで人気。その秘密は台湾の「食養生」という考え方なんだそう。「毎日を健やかに過ごすため、食べることで身体を癒す」というのが「食養生」。リンさんは台湾生まれの台湾育ち。その「食養生」という考えを大事にしています。

LIFE夢のカタチ ライフ 台湾家庭料理 小宇宙食堂 神戸市
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

リンさんは芸術大学で水墨画を勉強しながら、神戸の大学に留学。あわせて自宅で水墨画教室を始めたところ、大盛況!そこで生徒に振る舞った料理がSNSで広まり評判に。何事にものめり込むリンさんは、一度台湾に戻って料理を学び直し、調理師免許を取得したんだそう。最初は水墨画教室と料理教室を開くだったリンさんですが、日本でポーランド人のご主人と出会い、結婚。永住権を取ったのをきっかけに、この食堂をオープンすることにしたんだそう。

2020年にオープンした須磨の1号店はコロナで波乱の船出…。しかし、翌2021年、六甲道に2号店を出店!須磨と六甲を行き来して、レシピと味付けの基本はすべてリンさんが担っているんだとか。

私も時々台湾料理を食べたくなるんですが、これも少なからず「食養生」の影響なんでしょうか。台湾料理を食べた後、なんだか幸せな気分になる気がするんですよね(気のせいか?)。暑くなると体がさらに台湾料理を欲するので、一度行ってみたいと思います♪

スポンサーリンク
小宇宙食堂-space&deli-
住所:兵庫県神戸市須磨区本町1-1-3
電話番号:080-5781-8805
営業時間:11:00〜14:00
定休日:月曜/臨時休業あり
URL:http://shouchu-shokudo.com/space/
小宇宙食堂 -南台灣ごはん-
住所:神戸市灘区友田町1丁目4-19-2
電話番号:078-223-8376
営業時間:月~水11:00~15:00、木~日11:00~15:00、17:00~21:00
定休日:なし/ 臨時休業あり
URL:

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。



LIFE(ライフ)~夢のカタチ~
ナレーション:佐々木蔵之介
土曜 11時00分~11時30分

タイトルとURLをコピーしました