【得する人損する人】サイゲン大介が堂島ロールを超絶再現!(2016/11/24)


11月24日放送の『得する人損する人』はサイゲン大介が生クリームたっぷり大阪生まれの大人気ロールケーキ「堂島ロール」を超絶再現!紹介された得ワザはこちら!

スポンサーリンク


その他の『得する人損する人』の記事は ≫ こちら


■番組内容
サイゲン大介が大阪の大人気ロールケーキ「堂島ロール」を再現!生クリームにアレを2~3滴で濃厚ミルキー!生地にアレを混ぜて焼けばふんわり感倍増!普段のホットケーキ作りに使える得ワザ連発!
Yahoo!テレビより)

■ 材料

[生地] 全卵(L) 全卵4個+卵黄1個
グラニュー糖 100g(卵黄に50g、卵白に50g)
製菓用薄力粉 70g
片栗粉 10g
牛乳 50cc
マヨネーズ 大さじ2
はちみつ 10 g
粉糖 適量

[クリーム] 植物性クリーム 60cc
動物性クリーム(乳脂肪分36%) 210cc
牛乳 30cc
グラニュー糖 小さじ6
練乳 3~4滴

▲ページTOPへ

■ 生地の作り方

【下準備】
・オーブンは180~190℃に予熱
・卵は常温に戻しておく

【作り方】
1.卵を白身と黄身に分ける
2.卵白(4個)にグラニュー糖(50g)を2回に分けて入れ、ツノが立つまで泡立てたら置いておく
3.卵黄(5個)にグラニュー糖(50g)を入れ、白っぽくなるまで泡立て器で混ぜる
4.はちみつ・牛乳・マヨネーズ・片栗粉を加えて混ぜる
5.薄力粉(70g)と片栗粉(10g)を混ぜて3回以上ふるい、④の卵黄に入れ、ゴムベラでさくっと混ぜる
6.②の卵白を入れてゴムベラで切るように混ぜる(メレンゲの泡を消さないように!)
→生地のタネが完成!

【ポイント】
●生地にマヨネーズを入れるとふっくら!
生地が硬くなるのは小麦粉を練った時に発生するグルテンという硬いタンパク質が生地をふくらみにくくするため。グルテンは水+油でやわらかくなるため、お酢(水分)+油が混ざったマヨネーズを生地に入れることでふんわり仕上がる。
ホットケーキにも代用できる「得ワザ」!

●片栗粉で軽い食感!
片栗粉は生地が硬くなるグルテンが発生しないため、軽い食感に!
ホットケーキにも代用できる「得ワザ」!

▲ページTOPへ

■ 生地を焼く

1.クッキングシートを敷いた天板に生地を流し込む
2.180~190℃のオーブンで9分間焼く
 ※オーブンの中に水を耐熱容器に入れておくとしっとりと焼きあがる
3.焼きあがった生地を網の上に焼き目を上にして置き、濡れ布巾をかけてあら熱を取る(濡れ布巾が生地に直接あたらないように)

【ポイント】
●パサパサ生地は「水」と一緒に焼けばしっとり!
耐熱容器に入れた水をオーブンの中に一緒にいれることで「疑似スチームオーブン」に!水分が蒸発して生地のパサつきを抑えてくれる。
→ホットケーキは、焼きあがる直前にバターを1片入れて全体にしみこませるとお店のようにしっとり焼きあがる!

スポンサーリンク

■ クリームの作り方

1.動物性クリーム・植物性クリーム・牛乳・グラニュー糖をボウルに入れ、氷水をあてて冷やしながら泡立てる
2.9割ぐらい泡立ったら「練乳」を加えて泡立てる

【ポイント】
●生クリームは「動物性」+「植物性」で軽い口当たりに!
濃厚でコクのある「動物性生クリーム」に「植物性フレッシュ」を入れると軽くなる!

●生クリームに「練乳」を数滴入れてミルキーに!
練乳は牛乳に砂糖を入れて煮詰めたものなので、ほんの少量で「ミルキー」な風味を加えることが出来る!

■ 最後に巻いて完成!

1.クッキングシートの上にあら熱を取った生地を、焼き色を下にして置く
2.手前を高くしてクリームを塗り、一気に優しく巻き込む
3.巻き終わりの部分を下にしてクッキングペーパーを付けたまま約1時間冷蔵庫で寝かせる
4.仕上げに両端をカットし、茶こしで粉糖を生地にふって完成!


▼サイゲン大介こと、お笑いコンビ「うしろシティ」阿諏訪泰義さんのレシピ本購入はこちら
「予約の取れないレストラン リストランテasuwa」


過去の『得する人損する人』の記事は ≫ こちら




■あのニュースで得する人損する人
木曜 19時00分~19時56分
後藤輝基 羽鳥慎一
坂上忍 ハリー杉山 藤吉久美子 山崎育三郎 吉村崇 りゅうちぇる



▲ページTOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする