【バナナマン早起きせっかくグルメ】福島・会津若松「庄助の宿 瀧の湯」せっかく宿の朝ごはん

2022年6月26日放送の『バナナマンの早起きせっかくグルメ』は「せっかく宿の朝ごはん」!今回紹介されたのは、福島県会津若松の東山温泉『庄助の宿 瀧の湯』。紹介された情報や宿泊予約方法などをまとめました。詳しくはこちら!

スポンサーリンク

雄大な自然あふれる老舗宿「庄助の宿 瀧の湯」

全国の宿が設楽さんに朝ごはんをアピール!せっかく宿の朝ごはんのコーナー。

今日紹介するのは、福島県会津若松市の「庄助の宿 瀧の湯」。

庄助の宿 瀧の湯

駅から車で10分程にある1300年もの歴史をもつ東北有数の温泉地「会津東山温泉」にあるお宿。豊かな自然に囲まれ新緑の6~7月頃が絶好のシーズン。

創業140年、目の前に雄大な伏見ヶ滝を望む、川のせせらぎが心を癒してくれる人気の老舗旅館。

客室

番組で紹介された客室は、はなれ松島閣の「鳥の間」。

6畳の落ち着いた雰囲気の和室とセミダブルベッドが2つ置かれた広々としたリビングでゆっくり落ち着くことができる客室。

福島 会津若松 庄助の宿 瀧の湯 はなれ 松島閣
(出典:じゃらんnet

お茶菓子は会津の「黒糖まんじゅう」でセイロで温めていただく。

テラスには客室専用の露天風呂。天然温泉を源泉かけ流しで。

福島 会津若松 庄助の宿 瀧の湯 はなれ 松島閣 客室露天風呂
(出典:じゃらんnet

【宿泊料金】鳥の間 1泊2食付き(お部屋食) 1名 30,800円 *2名1室利用時

大浴場

自慢の大浴場「瀧美の湯」は目の前で滝が流れ落ちる“ウォーターフォールビュー”が楽しめる露天風呂。マイナスイオンと天然温泉で日頃の疲れを癒すことができる。(泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩化物泉)

福島 会津若松 庄助の宿 瀧の湯 瀧美の湯
(出典:https://shousuke.com/)

湯上がりにはなんと「生ビール」が1杯無料!
また、冷え冷えのソフトクリームが1杯無料でいただける。

朝ごはん

地元会津の食材や郷土料理を散りばめた全14品。

会津産のもち米で作るつきたてのお餅を毎朝食べることができる。
さらにお餅の味は、会津産の納豆をたっぷり絡めた「納豆餅」、鶏肉やお野菜が入ったお出汁をかける「つゆ餅」、滑らかなこし餡をたっぷり絡めた「あんこ餅」など“きなこ・ずんだ・くるみ・納豆・つゆ・あんこ”の6種類の中から3つ選ぶことができる。

福島 会津若松 庄助の宿 瀧の湯 はなれ 松島閣
(出典:じゃらんnet

ほかにも、旬の地元食材で作る彩り豊かなおかずも大充実。
中でも焼き魚はマスを味噌と酒粕に漬け込んでから焼き上げた“吟醸焼き”。味噌と酒粕の甘みが効いていてご飯がすすむ一品。

固形燃料グルメは地元会津名物の「芋煮」。会津の芋煮は醤油と味噌で味付けをし、豚肉やたっぷりの野菜を煮込むのが特徴。

晩ごはん

地元福島の旬の食材をふんだんに使った全20品。*コースにより異なる

福島 会津若松 庄助の宿 瀧の湯 夕食
(出典:じゃらんnet

「お造り」は奥会津虹鱒と玄宰鯉の昆布締め、会津ならではの新鮮な馬刺し。

甘辛味の出汁にくぐらせる福島牛を使った「牛すき焼き」。

福島 会津若松 庄助の宿 瀧の湯 夕食 牛すき焼き
(出典:じゃらんnet

庄助の宿 瀧の湯
住所:福島県会津若松市東山町湯本滝ノ湯108番地 
電話番号:0242-29-1000
総客室数:50室

客室「鳥の間」がある「はなれ 松島閣」の情報はこちら↓

はなれ 松島閣
住所:福島県会津若松市東山町湯本滝ノ湯107
電話番号:0242-29-1000
総客室数:10室

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります

スポンサーリンク


▼TBSテレビ「バナナマンの早起きせっかくグルメ」
日曜 6時00分~6時45分
出演:バナナマン(設楽統・日村勇紀)

タイトルとURLをコピーしました