【沸騰ワード】夏の最強沸騰島「マウイ島」知られざる絶景公開(2016/7/15)

2016年7月15日の『沸騰ワード10 夏の最強沸騰島SP』はガイドブックに載っていない沸騰島・特別編!真夏の世界 ベストアイランドSP!今回の「沸騰島」【マウイ島】。世界No1に選ばれたマウイ島の知られざる絶景を公開!タダで宿泊の(秘)カラクリとは!?



スポンサーリンク

夏の最強沸騰島「マウイ島」

 ■ なぜ?ホノルルから「マウイ島」に主役交代の理由

今年、世界の島ランキングに異変が。2015年ハワイのマウイ島が突如2位にランクイン!そして今年はなんと1位に!ハワイの主役も「オアフ島」から「マウイ島」に交替か!?

■世界のベストアイランド(トリップアドバイザー調べ)
●2016年
1位:マウイ島(アメリカ・ハワイ)
2位:サントリーニ島(ギリシャ)
3位:ジャマイカ島(ジャマイカ)
4位:プロビデンシアレス島(イギリス)
5位:バリ島(インドネシア)

●2015年
1位:プロビデンシアレス島(イギリス)
2位:マウイ島(アメリカ・ハワイ)
3位:ロアタン島
4位:サントリーニ島(ギリシャ)
5位:タオ島

●2014年
1位:アンバーグリスキー
2位:プロビデンシアレス島(イギリス)
3位:ボラボラ島
4位:マルコアイランド
5位:ルイスアンドハリス島

「マウイ島」の場所はこちら。

成田空港から飛行機で7時間、ホノルルへ。国内線を乗り継ぎ40分。

世界№1に選ばれた理由はワイルドな自然!
面積はオアフ島より広いものの、人口は14万人、これはオアフ島の6分の1。
周辺に広がるのは手つかずの大自然。奥に入って行くと壮大な渓谷が。その中には滝がたくさん!最大落差341mの大きな滝「ホノコハウ滝」も。

また、スターウォーズの撮影に使われた「ハレアカラクレーター」

ちなみにこの大自然を味わえるヘリコプターの旅は30分 16000円~(ブルーハワイアンヘリコプターズ)。

街に出てみると、オアフ島(ホノルル)と違って日本人も少なければ、ホノルルでは定番の日本語表記の看板がほぼないのもいいですね。

街のど真ん中には公園があり、大きな「バニヤンツリー」(全てがつながった一本の巨大な木)。樹齢は120年を超える、島民の絶好の涼み場所となっています。

ビーチは世界中からサーファーが集まる自慢の海。

そしてホノルルでは滅多に見れないウミガメが毎日見られます!

また、マウイ島はそこかしこに屋台が並ぶフルーツ天国!中でも「マウイゴールド」はパイナップルの王様とも言われ、酸味が少なく香りが芳醇なマウイの名産。オアフ島ではすでに生産されていない希少品種です。


 ■ 謎・・・島の最奥地「ハナ」にあるタダで泊まれる宿

「ハナ」とは島の最奥地にある別名「天国のような町」。そこにはガイドブックには載らないタダで泊まれる宿があるとか。

スポンサーリンク

早速訪れてみると・・・中心地から車で3時間。ビーチと森の壮大な感じが一緒にある、不思議な感じの町。風と波の音しか聞こえない、まさに天国♪

こんなところにタダで泊まれる宿が?

タダ宿のからくりは・・・『ファームステイ』という、観光ビザでも体験可能なタダ宿システム!1日平均5時間の労働で3度の食事と宿が提供されるんだとか。半日はフリータイムでキャンプをしたり、海で遊んだり。

宿はジャングル農園の中に数タイプ存在。
ツリーハウスのような家も。
共有のダイニングキッチンに、開放的なリビング。
長く働くベテランには立派なコテージが与えられるんだとか。

ちなみにまだ日本人は誰も泊まったことがないんだとか。
※泊まるには事前申し込みが必要。
※あまりに人気の為、長く働ける人が優先。


 ■ 島民が続々改築!個性豊かなリノベ宿

島民の間でブームになっているのが、古い建物を改装した個性豊かなブティックホテル!

■ホテル名 : Lumeria Maui(ルメリアマウイ)

ちなみにこちらは110年前からある建物。老人ホームを改装して建てたホテル。中はオーナーの趣味嗜好が顕著にあらわれた独特な雰囲気。

食事は風情あるレストランで。
マウイ島は肉も魚も豊富!

ハワイの宿泊料金の相場は1泊 約5万円のところ、こちらだと1泊1人28,000円~!

【Lumeria Maui(ルメリアマウイ)】

地図/アクセス:map
 

また、最近のマウイ人気を受け、さらに安いホテルも!

■ホテル名 : マウイシーサイドホテル

プール付き、ビーチへは直接行くことができ、こちらだと1泊1人15,000円~!

▼ 宿泊予約はこちら
≫≫ 楽天トラベルで予約する

【マウイシーサイドホテル】

地図:MAP


 ■ 話題の島…上から見ると変な形

観光客が押し寄せる噂のスポット!
1日1000人もの人が訪れる【モロキニ島】、別名「三日月島」。上から見ると、まるで三日月の形。

実はここ、かつて噴火口の跡。長い月日をかけ、海水が火口を侵食。世界に二つとない独特な形となったんだとか。

そんな噴火口内でシュノーケリングを楽しめるのは世界でここだけ!運がよければザトウクジライルカに出会えることも。



▼日本テレビ「沸騰ワード10」
出演:設楽統、日村勇紀(バナナマン)




▲ページTOPへ

タイトルとURLをコピーしました