【ちちんぷいぷい】で紹介!ふわっふわのくるみもちが絶品「御菓子司 津村屋」(2018/1/22)

2018年1月22日の『ちちんぷいぷい』“酒井藍のお手伝いしよッ!”で紹介された「御菓子司 津村屋はこちら!



いろいろなお仕事の現場で家族力を合わせて頑張るご家族のお手伝いをする“酒井藍のお手伝いしよッ!”のコーナー

手作りで勝負!手間を惜しまぬ和菓子屋さん

御菓子司 津村屋

JR吹田駅前の商店街からすぐ近く、昭和41年創業の人気“町の和菓子やさん”


食べログ

あんこから仕込む手作りの和菓子は、定番商品から新しい感覚の創作ものまで数多く揃っています♪

大阪産(おおさかもん)を使った和菓子もたくさんあります。

卵・砂糖など材料の8種類が大阪産
●大阪 菓子天衣良(かすていら) ハーフ(4切れ)930円


食べログ

大阪・羽曳野産のブドウを使用
●シャインマスカット麩まんじゅう 2個500円

ちちんぷいぷい 酒井藍 津村屋 和菓子 お手伝い くるみもち 三笠 マスカット
(出典:御菓子司 津村屋
 

そんな中、人気ナンバーワンは「くるみもち」

くるみもち 1個180円


食べログ

見た目は普通の大福のように見えますが、思っている以上にふわふわなんだそう♪

フワフワの秘密はメレンゲ。大阪地玉子の卵白を使って作ったメレンゲを、2種類のもち粉を混ぜた求肥に加えてふわふわの生地に。さらに香ばしくローストしたくるみを練り込んでいます。

くるみ入りの皮の中には、自家製のくるみもち専用粒あん。


食べログ

酒井藍ちゃんいわく「持った感じはマシュマロ、食べたらシフォンケーキより柔らかい」んだそうですよ(笑)
 

三笠 1個180円

生地に使うのは茨木にある養鶏場の大阪地玉子。こちらも全て手作り。1枚1枚丁寧に手焼きした生地に、自家製のあんこを挟んでいます。

スポンサーリンク

ちちんぷいぷい 酒井藍 津村屋 和菓子 お手伝い くるみもち 三笠
(出典:御菓子司 津村屋

あまりに手間がかかるので、先代も2代目のご主人も三笠作りはキライだっておっしゃってましたが(笑)、、、この放送で売れそうですね^^;
 

そして今回作った新作!

生いちご三笠 1個300円

酸味と甘みが絶妙な奈良のイチゴ「古都華(ことか)」を丸々1個挟んでいます。イチゴ1個でも結構いい値段がするのに、、、安い!

ちちんぷいぷい 酒井藍 津村屋 和菓子 お手伝い 生いちご三笠
(出典:御菓子司 津村屋

モナコトカ 1個270円

こちらも奈良のいちご「古都華(ことか)」を使った商品。自家製あんと一緒に香ばしい最中で挟んでいます。

ちちんぷいぷい 酒井藍 津村屋 和菓子 お手伝い モナコトカ
(出典:御菓子司 津村屋

※「生いちご三笠」「モナコトカ」はイチゴの入荷状況によっては販売できない場合あり
※それぞれ1日100個限定。
※吹田の「津村屋」店頭と、淀屋橋odonaで毎週水曜日開催している「大阪マルシェほんまもん」で販売。
御菓子司 津村屋
住所:大阪府吹田市昭和町14-16
地図/アクセスマップ
電話番号:06-6381-5485
営業時間:8:00~20:00
定休日:不定休
食べログ


MBS毎日放送「ちちんぷいぷい
月~金曜 13:55~17:50




タイトルとURLをコピーしました