【LIFE】大阪 豊中「ハバサハナ」喜界島の粗糖を使った焼き菓子店

2021年4月3日放送の『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されたのは、大阪・豊中の喜界島の粗糖を使った焼き菓子店『ハバサハナ』。詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

大阪の豊中市で喜界島の粗糖を使った焼き菓子店

ハバサハナ

今、大阪で話題になっているのが、喜界島の粗糖を使った優しい甘さの焼き菓子を作るスイーツ専門店「ハバサハナ(haba sa hana)」。お店があるのは豊中市。大阪音楽大学に続く道沿いにあります。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 喜界島 粗糖 ハバサハナ 大阪 豊中
(出典:https://www.instagram.com/habasahana/)

店名『ハバサハナ』の「ハバサ」は鹿児島県の喜界島の方言で“香りが良い”、「ハナサ」が“かわいい”。2つの言葉が繋がると”愛おしい”という意味になるんだとか。

このお店のお菓子の特徴はすべて喜界島の粗糖がベースになっていること。その優しい甘さが絶品なんだそう。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 喜界島 粗糖 ハバサハナ 大阪 豊中
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

お店を切り盛りするのは、喜界島にルーツを持つ木村麻美さん&大東瞳さん姉妹。2人とも3人のお子さんを持つお母さん。育児に追われながらも毎日美味しいお菓子を焼き上げています。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 喜界島 粗糖 ハバサハナ 大阪 豊中
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

スポンサーリンク

看板商品は粗糖のキャラメルを使ったアップルパイ。喜界島の黒糖焼酎で漬けたレーズンサンドクッキーや、アーモンドのキャラメリゼなどお酒に合うスイーツも人気。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 喜界島 粗糖 ハバサハナ 大阪 豊中
(出典:https://www.instagram.com/habasahana/)

3人兄弟の長女と次女として育ったお二人。お母さんもおばあさんもケーキ作りが得意だったんだそう。姉妹はいつしか食べることも、手伝うことも楽しみに。その体験から姉の麻美さんは結婚後にお菓子教室へ通い始め、イベントなどに出店するように。そしてお店を持つことが目標となったんだそう。妹の瞳さんは小学生のころから趣味としてお菓子作りをしていましたが、就職してからも独学でお菓子作りの腕を磨いていました。そして2年前、姉の麻美さんの提案で「ハバサハナ」を開店。今ではその優しい甘みがリピーターを呼んでいるんだそう。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 喜界島 粗糖 ハバサハナ 大阪 豊中
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

スポンサーリンク
【店舗情報】
ハバサハナ(haba sa hana)
住所:大阪府豊中市庄内西町2-7-32
電話番号:06-7181-4661
営業時間:11:00~16:00
定休日:日曜、月曜

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。



LIFE(ライフ)~夢のカタチ~
ナレーション:佐々木蔵之介
土曜 11時00分~11時30分




タイトルとURLをコピーしました