【遠くへ行きたい】眞島秀和「長崎」紹介された情報まとめ

2021年8月8日放送の『遠くへ行きたい』は眞島秀和さんが「長崎」へ!紹介された情報をまとめました。詳しくはこちら!

スポンサーリンク

眞島秀和が大自然のパワー溢れる長崎へ!

今回は俳優・眞島秀和さんが長崎を旅します!

まずは煙が立ち上る「雲仙地獄」の大迫力にびっくり!名物「雲仙湯せんぺい」の絶品アレンジレシピとは!?「島原武家屋敷通り」は湧き水のオアシス!夜の島原港でワタリガニ漁に挑戦!さらにヒマワリ咲き乱れる絶景の迷路を巡り、真っ白の極甘とうもろこしを頂きます。そして伝統の「和ろうそく」の秘密に迫る!大地のエネルギーをたっぷり感じる長崎の旅へ!

スポンサーリンク

大迫力!雲仙地獄

雲仙地獄

雲仙温泉街のメインスポットで、1.7kmの遊歩道が続く人気の観光スポット。
硫黄泉や火山ガスがおよそ30ヶ所から吹き出し「雀地獄」や「大叫喚地獄」などの名前が付いている。

地熱を体験するスポットや休憩所も用意されている。

温泉(うんぜん)レモネード 250円

雲仙地獄
(出典:https://www.nagasaki-tabinet.com/)

雲仙地獄
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙
電話番号:0957-73-3434(雲仙温泉観光協会)
URL:https://www.unzen.org/watch/jigoku/

温泉で作る銘菓

雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗

焼きたて耳付き湯せんぺい 1枚 100円
雲仙の昔からの名物「雲仙湯せんぺい」。小麦粉と卵と砂糖に温泉水が入っている。

雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗
(出典:https://www.unzen-yusenpei.com/)

ブルーチーズやカマンベールチーズにジャムやはちみつを合わせて食べるのも美味しいそうです!

九州の北の方の方言で甘いおせんべいのことを「せんぺい」と言うそうです。

雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙317
電話番号:0957-73-2155
営業時間:8:30~22:00
定休日:不定休
URL:https://www.unzen-yusenpei.com/

美味!話題の涼菓

銀水(ぎんすい)

「浜の川湧水」のすぐ隣にある島原名物「かんざらし」の元祖のお店。
平成9年に閉店したが島原市と「地域おこし協力隊」という市民団体が5年前に観光名所として復活させたそうです。

かんざらし 500円
白玉団子にひと手間加えたスイーツ。冬米粉を水にさらしてから寒風にさらすので“かんざらし”。湧き水で冷やした白玉団子に冷たい蜜をたっぷりかけて…夏にもってこいのスイーツ。

島原 銀水 かんざらし
(出典:https://www.nagasaki-tabinet.com/)

週末には1時間待ちにもなる人気店。

浜の川湧水観光交流館「銀水」(ぎんすい)
住所:長崎県島原市白土桃山2-1093
電話番号:0957-63-4610
営業時間:10:00~17:00
定休日:なし

伝統の和ろうそく

本多木蝋工業所

“玉締め式圧搾機”で櫨(はぜ)の実を絞り昔ながらの和ろうそくを製造し続けている日本で唯一の製蝋所。
島原ではおよそ200年前からろうそく作りが始まり、江戸時代には藩の財政を支えたそうです。

和ろうそく作り&絵付け体験も
▽ネット予約はこちら
予約はこちら

本多木蝋工業所
住所:長崎県島原市有明町大三東丙544-3
電話番号:0957-68-0015
URL:http://www.honda-mokurou.net/
スポンサーリンク

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります

[PR]クラブツーリズム 国内旅行


ミシュランガイドに掲載された雲仙温泉のお宿はこちら↓

[PR]国内・海外旅行はエイチ・アイ・エス



日本テレビ系「遠くへ行きたい」
日本テレビ 日曜日6:30~/読売テレビ 日曜日7:00~
出演:眞島秀和





タイトルとURLをコピーしました