【LIFE】賞味期限10分のモンブラン『Sweets Cafe KYOTO KEIZO』(2017/4/15)

2017年4月15日放送の『LIFE~夢のカタチ~』で紹介された賞味期限10分のモンブラン『Sweets Cafe KYOTO KEIZO』。詳しくはこちら!

スポンサーリンク



賞味期限10分のモンブラン!?

京都の三条商店街。新しいお店から古くからのお店まで約180店が軒を連ねる老舗商店街です。

その中に行列のできるカフェが。お店の名前は【Sweets Cafe KYOTO KEIZO】(スイーツ カフェ キョウト ケイゾー)。

みんなが何を目当てに並んでいるかというと、、、賞味期限10分という『10分モンブラン』


このモンブランを作ったのは、オーナーパティシエの西田敬三さん(61歳)。

西田シェフは高校卒業後ケーキ屋さんへ就職。20代後半にチーフパティシエとなり、40代後半には老舗洋菓子店「ブランブリュン」(烏丸丸太町)のチーフとして還暦まで務めました。「ブランブリュン」では全てのケーキを考案していたんだとか。

還暦を迎えたころ、友人から京町家のカフェスペースの物件を勧められ、2016年3月「Sweets Cafe KYOTO KEIZO」をオープンしました。

看板メニューとして作ったのが『10分モンブラン』。

グルメ 10分モンブラン Sweets Cafe KYOTO KEIZO スイーツ カフェ キョウト ケイゾー 賞味期限10分のモンブラン 京都三条会商店街
(出典:Facebook

賞味期限10分の理由は、モンブランの中(土台)がサクサクのメレンゲ生地でできていて、10分過ぎると食感が変わってしまうから。まわりは濃厚なモンブラン、中はサクサク!既成概念を覆す新しいケーキは話題となり、あっという間に行列のできる人気店となりました。


今回は夏に向けて新しい名物スイーツ作りに挑戦!
国産バナナとイチゴを使った「セミフレッド」を作ります♪

セミフレッド:イタリア語で「半分冷たい」の意味。アイスクリームのような冷たさとケーキのような食感のデザート。

岡山で栽培されている香りが強い国産のバナナを使用。

裏ごししたバナナをイチゴクリームと合わせ、クランべりーやアプリコットなどのドライフルーツとピスタチオナッツを。

生地を型に流し込んで冷凍したら完成♪
まるで水まんじゅう!餡子の代わりに入っているのはチョコレートプリン♪ 黒蜜&エスプレッソのソースをかけて。

Sweets Cafe KYOTO KEIZO スイーツカフェキョウトケイゾー 10分モンブラン 賞味期限 LIFE夢のカタチ 国産バナナ セミフレッド
(出典:Facebook

販売は5月上旬予定だとか。
「10分モンブラン」とあわせて食べたいですね♪


【店舗情報】
Sweets Cafe KYOTO KEIZO(スイーツ カフェ キョウト ケイゾー)
住所:京都府京都市中京区御供町293
電話番号:075-821-0303
ホームページ ≫≫ こちら
食べログ ≫≫ こちら
地図/アクセス:MAP

※番組内容は番組ホームページより

▼ その他のテレビ番組でも紹介されました(一例)

2月7日放送の『ちゃちゃ入れマンデー』はズルいぞ!天神橋筋商店街SP! 京都「三条会商店街」のオススメ情報はこちら! ▼その他の『...
10月29日の『モモコのOH!ソレ!み~よ!』で紹介された賞味期限10分のモンブランはこちら! ▼その他の『モモコのオーソレミーヨ...
2018年10月17日放送の『今ちゃんの実は…』は関西のグルメにまつわる謎を調査する「関西グルメミステリー」。今回は京都のスイーツをめぐるミ...
スポンサーリンク


LIFE(ライフ)~夢のカタチ~
ナレーション:佐々木蔵之介
土曜 11時00分~11時30分