【帰れマンデー】断崖絶壁!日本海を望む絶景露天風呂が魅力の丹後・奥伊根温泉『油屋』(2019/10/7)

2019年10月7日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』は秘境路線バス旅で飲食店を見つける旅「バスサンド」。貫地谷しほり&宮川大輔&ジャニーズWEST桐山照史が秋の京都・丹後へ!「天橋立」から「伊根の舟屋」を走る海の秘境バス旅!こちらのページではその中で紹介された絶景露天風呂が楽しめる「丹後・奥伊根温泉 油屋」についてまとめました。くわしい情報はこちら!

スポンサーリンク

丹後・奥伊根温泉 油屋

日本のベネチアと呼ばれる「伊根の舟屋」の更に北側、断崖絶壁の高台に建つ絶景が自慢の温泉旅館「油屋」。
23室の「本館」に加え、全室露天風呂付き客室の「別館 和亭(なごみてい)」。源泉かけ流しの温泉、伊根の新鮮な魚と丹後の食材、そして日本海を一望できる絶景など極上の癒しが待っています。

丹後 奥伊根温泉 油屋
(出典:じゃらんnet

丹後・奥伊根温泉 油屋
住所:京都府与謝郡伊根町津母570
電話番号:0772-32-0972
総客室数:23室(本館)

≫≫ 宿泊予約はこちら!



[PR]ホテル予約なら楽天トラベル


奥伊根温泉

自家源泉の天然温泉。お肌がツルツルスベスベになる「炭酸水素塩泉」と保湿効果のある「塩化物泉」が組み合わさったお肌に優しく、女性に嬉しい美人の湯。贅沢に源泉かけ流しで楽しめます♪

丹後・奥伊根温泉 油屋 露天風呂
(出典:じゃらんnet

【奥伊根温泉】
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)

11室全てに客室露天風呂が付いている「別館 和亭(なごみてい)」では、部屋のお風呂に入りながら絶景を満喫できます。

丹後・奥伊根温泉 油屋 別館 和亭 客室露天風呂
(出典:一休.com

本館 客室

純和室タイプとベッドが付いたベッドタイプ和室の2タイプ。

丹後・奥伊根温泉 油屋 本館 客室

丹後・奥伊根温泉 油屋 本館 客室
(出典:じゃらんnet

スポンサーリンク

別館・和亭 客室

別館「和亭」はワンランク上の客室。
B1F客室にはお庭、1F客室にはテラスが備えられてている。
また囲炉裏や掘りごたつ、マッサージチェアーなんかが付いたお部屋も用意されています。

丹後・奥伊根温泉 油屋 別館 和亭 客室
(出典:一休.com

料理

なんと言っても伊根はお魚が美味しい!そんな伊根の魚を知り尽くした料理人が贅をこらした旬の味を満喫できます。

献上鰤「伊根ブリ」を使った鰤しゃぶ、黒鮑、冬には活カニ料理などなど大満足間違いなし!

丹後・奥伊根温泉 油屋 食事
(出典:じゃらんnet

「丹後・奥伊根温泉 油屋」の宿泊予約はこちら

丹後・奥伊根温泉 油屋
住所:京都府与謝郡伊根町津母570
電話番号:0772-32-0972
総客室数:23室(本館)
チェックイン:15:00~
チェックアウト:~10:00

まとめ・感想

丹後半島の海岸沿いの高台、断崖絶壁にポツンと建った一軒宿。ロケーションがまず素敵!遮るものがないので日本海を一望!朝日も綺麗に見れそうです♪

温泉は自家源泉。掘削の結果、平成6年に湧出。豊富な湯量を活かして源泉かけ流し。いいですね!
しかも泉質が「炭酸水素塩泉」。いわゆる重曹泉で、女性で嫌いな人なんていないじゃないかな?肌の角質を落としてくれるのでお肌がツルツルスベスベになります!重曹泉に入ったあとは「保湿」のケアが必要なのですが、保湿効果のある「塩化物泉」でもあるので安心。この組合せの温泉、ホント大好きです(^^♪

そして料理。伊根は何度か遊びに行ってますが、新鮮な魚介を使ったお料理がホント美味しい!特に、伊根は富山県氷見市・長崎県五島列島と並ぶ日本三大鰤(ブリ)漁場の一つ。鰤しゃぶ最高ですよ(^^♪

食事メインで考えるならこれからの季節“秋~冬”がいいかも!温泉で温まってからのお鍋、いいですよね♪♪


[PR]一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!



テレビ朝日「帰れマンデー見っけ隊!!」
月曜日19時00分~
出演:タカアンドトシ、サンドウィッチマン
ゲスト:宮川大輔/貫地谷しほり/桐山照史(ジャニーズWEST)




タイトルとURLをコピーしました