温泉宿で唯一「国の重要文化財」に泊まれる箱根湯本温泉『萬翠楼 福住』

シェアする

テレビで「令和に変わる今こそ行くべき極上温泉」や「プロが厳選したオンリーワンな宿」などと紹介される箱根湯本温泉の『萬翠楼 福住』とは?こちらで詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住

1625年(寛永2年)創業。箱根湯本で最も古い温泉宿で、福沢諭吉、森鷗外、木戸孝允、伊藤博文など明治の偉人たちが数多く訪れたという由緒ある老舗旅館。
2002年「国の重要文化財」に指定されている温泉旅館。温泉宿としては日本で唯一。

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 外観 重要文化財
(出典:一休.com

2019年4月9日放送『教えてもらう前と後』で「平成→令和 今こそ行くべき極上温泉」として紹介されました。

2019年4月9日放送『教えてもらう前と後』は、温泉紀行ライターの飯出先生ほか3人の温泉マスターが選ぶ「春ならではの極上温泉宿」&「令和に行...

また、2016年12月12日放送『ヒルナンデス!』の「プロが厳選したオンリーワンな宿」コーナーでは、「明治時代にタイムスリップできる!情緒あふれる粋な宿」として紹介されました。

2016年12月12日の『ヒルナンデス!』はプロが厳選したオンリーワンな宿を徹底調査!今回は「箱根」!紹介されたホテル・温泉旅館はこちら! ...

建物に一歩足を踏み入れれば、そこはまるで明治時代にタイムスリップしたかのような空間が広がる。和の技法と洋の技法を融合した明治時代の建築が文化的に貴重とされ、国の重要文化財に登録されたそうです。

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 内観
(出典:一休.com

▽予約はこちら
予約はこちら

自家源泉の温泉

湯量があまり多くないことで知られる(?)箱根ですが、こちらは自家源泉を保有。しかも箱根湯本では珍しい“自噴式”の源泉を持っており、湧出量は少ないときでも毎分100リットルを超える湯量を誇ります。明治時代から湧き続けているそうです。

そんな自家源泉を使っているので、大浴場(内湯と露天風呂が2つずつ)は全て源泉かけ流し

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 源泉掛け流し 内湯
(出典:一休.com

美肌の湯で、温泉の有識者から「まるで真綿に包まれたような湯」と絶賛されている。

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 源泉掛け流し
(出典:一休.com

泉質:アルカリ性単純温泉
適応症:自律神経不安定症、不眠症、うつ状態、など

部屋

重要文化財に指定されているのは「明治棟 萬翠楼」。

明治棟 萬翠楼「15号室」
天井には見事な「天井画」!大正時代に活躍した24人の画家の絵が2枚ずつ、合計48枚飾られている部屋がある。この特別な部屋は宿の見学コースなっている。寝ころんで味わうべし!

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 明治棟 萬翠楼 天井画 15号室
(出典:一休.com

明治棟 萬翠楼「25号室」
重要文化財に指定された明治棟・萬翠楼の一室。15号室と同じく広さは30畳もあります。

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 明治棟 萬翠楼 25号室
(出典:一休.com


「明治棟 萬翠楼」の他に、「明治棟 金泉楼」・「昭和棟」も。

どちらも源泉が楽しめる檜風呂が付いているのが魅力。

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 檜風呂 部屋風呂
(出典:http://www.2923.co.jp

まとめ・感想

料理は旬の食材を活かした日本料理。これも期待値が高いです。

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住 夕食
(出典:一休.com

歴史的価値の高い建造物に泊まるとちょっと不便な面があったりしますが、日常を忘れてゆっくりするのには最適♪

箱根の旅館は循環式の大浴場が多いですが、こちらの温泉は自家源泉で源泉掛け流しなので安心。

お肌に優しい「アルカリ性単純温泉」なので、普段あまり温泉に入っていない人でも湯あたりなどの心配はありません。

歴史好き、温泉好きなら是非宿泊しておきたい温泉旅館ですね(^^♪


スポンサーリンク

箱根湯本温泉 萬翠楼 福住(ばんすいろう ふくずみ)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本643
≫≫ 地図/アクセス
電話番号:0460-85-5531
総客室数:15室
IN:15:00~ / OUT:~11:00

[PR]一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!