【LIFE】神戸・元町「神戸アジアン食堂バルSALA」

2022年3月5日放送の『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されたのは神戸・元町『神戸アジアン食堂バルSALA』。詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

神戸アジアン食堂バルSALA

アジア人のお母さん達が作る本格家庭料理をリーズナブルに

小さな食堂、神戸アジアン食堂バルSALA。お店があるのは、神戸元町商店街から南京町に入る狭い路地。東南アジアの庶民の味「カオマンガイ」や、台湾料理の定番「ルーローファン(魯肉飯)」、タイの「グリーンカレー」など、本格的な現地の味をリーズナブルに楽しめると評判になっています。ランチタイムやディナーなど、若い女性からサラリーマンなど男女問わず、さらには家族連れなど広い世代のお客さんで連日賑わっています。

LIFE夢のカタチ ライフ 神戸 元町 アジアン食堂SALA
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

人気の理由は、国際結婚などをきっかけに日本にやってきたアジア人のお母さんたちが、自分の出身地の家庭料理を日替わりで作っているから。

LIFE夢のカタチ ライフ 神戸 元町 アジアン食堂SALA
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

お店のオーナーは神戸出身の黒田尚子さん。関西学院大学人間福祉学部で身近な社会問題を学ぶうち、国際結婚などで日本に暮らすアジア人のお母さんたちと出会い、その多くが日本の生活に溶け込めずに悩みを抱えていることを知ったんだそう。「何とかできないだろうか?」と悩んでいた黒田さんですが、ある日彼女たちが作ったお弁当の美味しさに衝撃を受けました。そして、料理のこととなると、途端に生き生きとする彼女たちを見て、これらの料理をイベントなどで出品。売れ行きも上々だったため、「彼女たちと一緒にお店を開きたい」と思うようになったんだとか。

LIFE夢のカタチ ライフ 神戸 元町 アジアン食堂SALA
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

しかし父親は「もしダメだったら、彼女たちの人生はどうなるんだ」と猛反対。そこで、黒田さんは飲食店広告を手掛ける企業に就職。何十店舗も担当し、開業に向けた知識を学び、ついに2016年、「日本で暮らすアジア人女性の雇用を生む」ことを目的に、この食堂「神戸アジアン食堂バルSALA」をオープン。

その後、SNSでの発信やデリバリーなどでいくつかの危機を乗り越え、来店客も徐々に増えていき、人気店に。

今は、コロナ禍で需要が一気に増えたテイクアウトや通販用の冷凍パックを販売するための2号店を計画中なんだとか。

とっても素敵なお店。私も神戸に行ったら立ち寄りたいと思います♪

(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

スポンサーリンク
神戸アジアン食堂バルSALA
住所:兵庫県神戸市中央区元町通2-3-16 食堂館 1F
電話番号:078-599-9624
営業時間:日曜日以外 11:30~15:00、17:30~22:00/日曜 11:30~15:00
定休日:火曜日
ホットペッパーグルメ
▽ネット予約はこちら
予約はこちら

*『セブンルール』でも紹介されました♪

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。



LIFE(ライフ)~夢のカタチ~
ナレーション:佐々木蔵之介
土曜 11時00分~11時30分




タイトルとURLをコピーしました