【得する人損する人】家庭の「豚肉料理」がお店の味に!(2016/10/27)


10月27日放送の『得する人損する人』驚き!早ワザ料理芸能人ウル得マン!で紹介された「豚肉料理」の裏ワザはこちら!

スポンサーリンク


その他の『得する人損する人』の記事は ≫ こちら


▼詳しい作り方についてはこちら
”ウル得マン”で紹介された『豚肉』メニュー(2016/10/27)

■ 生姜焼きのタレに〇〇を入れて激ウマ!

しょう油 大さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
ケチャップ 大さじ1/2
しょうが 1片

お店の生姜焼きは、しょう油・酒・みりん・砂糖・しょうがのタレに漬け込んでから焼くが、砂糖の代わりにケチャップを使うことで漬け込まなくてもお店の味に!
(豚肉のイノシン酸とケチャップのグルタミン酸の相乗効果で旨味がグンとアップ!)

小麦粉を豚肉にまぶしてから焼くことでタレが絡みやすく、漬け込む時間を省ける!

■ ゴマダレがサッパリ!〇〇を入れて飽きのこないプロの味に!

ゴマダレ(60ml)
100%オレンジジュース(30ml)

ゴマダレがクドくて飽きてしまうのを防ぐため、お店ではレモンなどの柑橘系の果汁を入れている。ウル得マンは100%オレンジジュースを使用。

■ 「野菜の肉巻き」はロース肉で!

ロース肉をあらかじめ「筋切り」しておく。
筋切りしたロース肉はやわらかいため、バラ肉よりも野菜を巻きやすく、肉の食感も楽しめる。

スポンサーリンク

■ ホイコーローは先に茹でた豚肉で時短!

お店では肉を炒めて一旦取り出し、野菜を軽く炒めてから再度肉を合わせている
(お肉を一緒に炒めてしまうと野菜に火が通りすぎてシャキシャキした食感がなくなるのを防ぐため)
すでに茹でて火が通っているバラ肉を使うと、野菜に火が通ればOKなので短い時間でシャキシャキ感を出すことができる。

■ 黄金比和風ダレ

何でも使える便利な黄金比和風ダレ
【しょう油2:みりん2:砂糖1】
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1

▼詳しい作り方についてはこちら
”ウル得マン”で紹介された『豚肉』メニュー(2016/10/27)


過去の『得する人損する人』の記事は ≫ こちら




■あのニュースで得する人損する人
木曜 19時00分~19時56分
後藤輝基 羽鳥慎一



▲ページTOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする