人気リゾートホテルがリニューアルで魅力UP♪白浜古賀の井リゾート&スパ(旧コガノイベイホテル)

少し古い温泉街のイメージがある和歌山・南紀白浜に大きなインパクトを与えた人気リゾートホテルのリニューアル!
2015年12月22日、白浜温泉の「露天風呂&大浴場」と「オープンテラス付室内プール」のリニューアルとともにホテル名も「コガノイベイホテル」から『白浜古賀の井リゾート&スパ』に。更に2016年4月29日には「バイキングレストラン」と「リビングラウンジ」が新たにオープン!リゾート感が溢れるホテルとして生まれ変わった「白浜古賀の井リゾート&スパ」の人気に迫ります(^^♪
白浜古賀の井リゾート&スパ
(画像出典:一休.com

「白良荘グランドホテル」のリニューアルも「白浜古賀の井リゾート&スパ」のリニューアルに触発されたのかも?同じ「南紀白浜」「リゾートホテル」というカテゴリーにいるホテルとして無視できないリニューアルだったと思います。それ程のインパクト!もともとリゾートホテルとして人気の高かったホテルが更に進化。一年中楽しめるホテルとなっています。そんな新生「古賀の井」の魅力に迫ってみたいと思います(^^♪

▼2015年12月22日リニューアル

露天風呂&大浴場

兵庫の「有馬温泉」、愛媛の「道後温泉」と並び日本三古泉と称される和歌山の「白浜温泉」。(日本書紀、風土記ベース)一年を通じて温泉を求めて南紀白浜を訪れる人は後を絶ちません。
「白浜古賀の井リゾート&スパ」のリニューアルの目玉もやはり「スパ」!開放感とリゾート感が溢れ過ぎる露天風呂と大浴場は南国のリゾートスパを彷彿とさせながら、お湯は「天然温泉」!しかも古賀の井リゾート&スパは白浜で唯一の「自社源泉かけ流しの天然温泉」。湯量が豊富で泉質は名湯・白浜温泉の中でも群を抜く良さを誇っているというから驚きですね♪♪
古賀の井スパ露天風呂&大浴場
(画像出典:一休.com
露天風呂の周りは水が張ってあり、まるで水に浮かんでいるような錯覚を感じます。夜風を感じながらの露天風呂って最高ですね♪
夜の露天風呂
(画像出典:http://www.coganoi.jp

日帰り入浴もできます!
宿泊以外での入浴、いわゆる「日帰り温泉」を楽しめるのが嬉しいですね♪ アドベンチャーワールドや三段壁などの白浜観光の後に予約なしでフラッと立ち寄れる気軽さがいいですね(^^♪ バスタオル・タオルが備え付けで「手ぶら」で行けるのもいいですね♪
なお、繁忙期等は日帰り入浴営業が休みの場合があるそうです。土日祝日の場合は、行く前に一本電話を入れた方がいいですね^^;

[日帰り入浴]
利用時間:14:00〜22:00
入浴料(税込):大人1200円、小人・幼児600円
※繁忙期、利用状況により日帰り入浴を受付しない場合あり。
※バスタオル・タオル・カミソリ・くし・ドライヤーなど備え付けあり。

なお、宿泊の場合でもチェックイン前やチェックアウト後は利用できず、「日帰り入浴」扱いとなります。

▲ページTOPへ

オープンテラス付室内プール

リゾートホテルといえば「プール」!しかも年中入れる温水プールはポイント高いですね♪
屋内プール
(画像出典:一休.com
オープンテラス付きの屋内プールは開放的で非日常を演出してくれます。ジャグシーもあるのまったり寛ぐのもいいですね♪
ジャグジー
チェックイン前やチェックアウト後は利用できません。また、温泉と同じく宿泊者以外の利用もできますが、繁忙期は宿泊者のみの利用となるそうです。

[オープンテラス付室内プール]
利用時間:8:00~9:30 / 14:00~21:00(通年利用可)
外来料金:大人2000円、小人・幼児1000円
※繁忙期(年末年始・GW・夏休み等)は宿泊者のみ
※水着は各自持参(レンタルなし)

室内プール以外にも夏季限定ですが「ガーデンプール」があります。海水はベタベタするから嫌だ、という人にはこちらがいいですね。なお、ガーデンプールは宿泊者のみの利用となります。
ガーデンプール
(画像出典:http://www.coganoi.jp

▲ページTOPへ

▼2015年12月22日オープン

リビングラウンジ

こちらは新施設。温泉やプールのリニューアルに伴い、ほっと一息できるスペース「リビングラウンジ」がオープンしました。
リビングラウンジ
ジュースやお茶、お水などが無料サービスとなっており、ゆっくり寛ぐことができます♪
リビングラウンジ[ジュース・ドリンク無料]

▲ページTOPへ

▼2016年4月29日オープン

バイキングレストラン

スポンサーリンク

こちらは2016年に新たにオープンしたバイキングレストラン「Conca d’oro~コンカドーロ~」。コンカドーロはイタリア語で「黄金の領域」という意味だそうです。
バイキングレストラン Conca d’oro~コンカドーロ~
(画像出典:一休.com
最近の流行り「ライブキッチン」を採用し臨場感を演出。天ぷらや海鮮炭火焼、お寿司などを目の前で調理。作りたてを食べれるのは嬉しいですね♪
ライブキッチン
(画像出典:http://www.coganoi.jp

バイキング形式の他に「和会席」「鉄板焼き」もあり、好みに合った料理を楽しめます(^^♪

▲ページTOPへ

客室

全室がオーシャンビュー!窓から南紀白浜のコバルトブルーの海が一望できます♪
スイートタイプは5種類、和室タイプが4種類、スタンダードタイプが6種類、合計15種類の部屋からお好みの部屋が選べます。部屋はリニューアルしていないのでちょっと昭和の香りがしますね^^;

▼スイートタイプ「ロイヤルスイート」
ロイヤルスイートは94㎡と広々。一番広い「インペリアルスイート」は193㎡で、なんと天皇陛下もご宿泊されたそうです!泊まってみたいですね(^^♪
スイートタイプ「ロイヤルスイート」
▼和室タイプ「和風モダンルーム」
リゾートホテルなのに畳の部屋があるのは嬉しいですね♪ やっぱり和室は落ち着きます^^
和室タイプ「和風モダンルーム」
▼スタンダードタイプ「ツインルーム」
スタンダードタイプでも広さは十分。ツインルームが45㎡、一番小さいダブルルームでも39㎡あるので荷物が多くても大丈夫ですね♪
スタンダードタイプ「ツインルーム」
(部屋の画像出典:http://www.coganoi.jp / 一休.com

▲ページTOPへ

その他の施設

白浜古賀の井リゾート&スパには他にも魅力的な施設や気になる施設があります♪

イルミネーション「イルミナスオーシャン」
「イルミナスオーシャン」は年中楽しめるイルミネーション!和歌山県下最大級の30万個もの電飾を使って旅を盛り上げてくれます♪ こちらは2014年11月にオープンし、2015年12月には更にリニューアルしパワーアップしたそうです!
イルミナスオーシャン
(画像出典:http://www.coganoi.jp

[イルミナスオーシャン]
開園時間:日没~23:30(最終入場22:30)
客室からも楽しめるイルミネーションです。

■ペットホテル「ワンワンログハウス」
ペットのための豪華な別館「ワンワンログハウス」はなんと冷暖房完備!ケージが用意されており愛犬用のホテルとして利用できます。地元の動物病院と提携しているので安心です♪
いつでも会いに行くこともできますが、ログハウスの様子を24時間映像で配信しているので部屋にいながらタブレット等でワンちゃんの様子が見れるサービスもあります。
ペットホテル「ワンワンログハウス」
(画像出典:http://www.coganoi.jp

[ワンワンログハウス]
利用料金:1泊4500円(要予約)
食事:なし(各自用意)
タブレッド貸出:無料(ワンワンログハウス利用の方のみ)




▲ページTOPへ

白浜古賀の井リゾート&スパ(旧コガノイベイホテル)

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3212-1
TEL:0739-43-6000

チェックイン:14:00~
チェックアウト:~11:00

客室数:172室
ペット:冷暖房完備の豪華別館「ワンワンログハウス」にご宿泊(1泊4500円/要予約/食事なし)

温泉:(泉質)ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
入浴利用時間:6:00~10:00 / 14:00~24:00
日帰り入浴:あり

夕食:要事前予約
朝食:バイキング1900円(税込)/9:30まで利用可

カード:可(VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS / 銀聯)
送迎サービス:あり(無料)
駐車場:100台 屋外(宿泊者無料)

シャトルバス
大阪難波からのシャトルバス]完全予約制シャトルバス。1人往復2000円(片道1000円)
難波シャトルバス運行予定


白浜駅からの無料シャトルバス]JR白浜駅からの無料シャトルバスを毎日運行。予約不要。
 ■ 白浜駅発⇒ホテル着:(1)13:45、(2)15:00、(3)15:45、(4)16:55、(5)17:55
 ■ ホテル発⇒白浜駅着:(1)8:50、(2)10:00、(3)10:50

アクセスマップ(地図)

≫ 要チェック!! 話題の宿・人気の宿を大特集!
≫ 『和歌山』話題の宿・人気の宿をチェック!




▲ページTOPへ

タイトルとURLをコピーしました