【LIFE】和歌山『鳥唄山馨』築160年古民家で絶品スパイスカレー

2020年11月7日放送の『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されたのは、和歌山県の人気スパイスカレー店鳥唄山馨トリウタイヤマカオル。詳しい情報はこちら!

スポンサーリンク

築160年古民家で絶品“秘境カレー”

鳥唄山馨トリウタイヤマカオル

和歌山県の山深い集落で、週末(土日)と祝日のみオープンする『鳥唄山馨トリウタイヤマカオル』。“秘境カレー”として話題のスパイスカレーの人気店です。

お店があるのは、大阪府と和歌山県の県境にあるかつらぎ町、わずか4世帯のみが暮らす小さな集落。そのうちの1軒が「鳥唄山馨トリウタイヤマカオル」なんです。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 和歌山 スパイスカレー 鳥唄山馨
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

オーナー店主の田中秀樹さんは元会社員。3年前にこの地に移住し、犬と一緒に山暮らしをスタート。

築160年の古民家を改装したお店は雰囲気抜群!天気のいい日には和歌山の海や四国の山並みまで見渡せるんだとか。

そんな自然いっぱいの中で楽しめるのは、旬の食材を使った日替わりのスパイスカレー。

[一例]
・真鯛のココナッツカレー(スープ・サラダ・副菜付き) 1500円(税込)
・ショウガの効いた黒ゴマキーマ(スープ・サラダ・副菜付き) 1500円(税込)
・2種のあいがけ(スープ・サラダ・副菜付き) 1800円(税込)

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 和歌山 スパイスカレー 鳥唄山馨
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

店主の田中さんが金曜日に仕入れる食材で2種類の「本日のカレー」のメニューが決まるんだそう。

田中さんは、高校3年の時から数年間、長野県白馬の山小屋でアルバイト。その時にまかないで食べたスパイス料理にハマり、それ以降田中さん自身もカレー作りが趣味になったんだとか。

京都出身の田中さんはその後、大阪で就職。全国展開をしている製造メーカーで設計や製造管理のお仕事をされていたんだそう。このまま会社に残るかどうしようか考えた時、やらずとも大体見えている会社での仕事ではなく、せっかくの人生ならやってみないとわからない全く新しいことをしてみようと、41歳で退職。

山小屋で仲間たちと過ごした楽しい食事の時間が忘れられず、利便性のいいところではなく、むしろ「ちょっと辺鄙なところで人が集まる場を作りたい」と“秘境でスパイスカレーのお店をしよう”と考えたんだそう。

スポンサーリンク

そんなときに和歌山県かつらぎ町役場の方に紹介されたこの古民家に一目惚れ。自然豊かなかつらぎ町で、愛犬のマルタ君と一緒に「鳥唄山馨トリウタイヤマカオル」を営んでいます。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 和歌山 スパイスカレー 鳥唄山馨
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

現在お店は完全予約制。土日祝のみのオープンとなっています。木曜日は町役場の駐車場で移動販売をしています(お昼12時~13時。売り切れ次第終了)。

田中さんがカレー作りで一番大切にしているのは食材選び。現在、新たに開発中なのでイノシシの肉を使ったカレー。罠猟の免許も取得されたそうで、いつかは自分で捕まえたイノシシの肉を使ったカレーを作りたいんだそう。

LIFE夢のカタチ ライフ 佐々木蔵之介 和歌山 スパイスカレー 鳥唄山馨
(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

シンプルな料理だからこそ、きちんとした食材を使い、お世話になった人や食べてくれる人とのつながりを大切にしている田中さんのスパイスカレー。決して便利な場所ではありませんが、一度食べればわざわざ食べに足を運びたくなる人も多いはず。秘境なのに人気店であることもうなずけますね♪

(出典:http://www.asahi.co.jp/life/)

スポンサーリンク
【店舗情報】
鳥唄山馨トリウタイヤマカオル
住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町東谷1380
電話番号:0736-20-6845 *完全予約制
営業時間:土日11:00~16:00
定休日:月~金

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。



LIFE(ライフ)~夢のカタチ~
ナレーション:佐々木蔵之介
土曜 11時00分~11時30分




タイトルとURLをコピーしました