【マツコの知らない世界】開運神社の世界「2023年開運神社ベスト3」まとめ(2023/1/17)

2023年1月17日放送の『マツコの知らない世界』は開運神社の世界今年の全国開運神社ベスト3を大公開!正しい参拝マナーも!紹介された情報はこちら!

スポンサーリンク

開運神社の世界

開運神社の世界」を紹介してくれるのは、全国1万社以上を参拝した神社ソムリエ・佐々木 優太さん。昨年も「開運神社の世界」として、祈願別の開運神社や、悩み別の開運神社を教えてくれました。

今回は、2023年運気が爆上がりする開運神社ベスト3を教えてくれました!

スポンサーリンク

細かい悩み別!開運神社

お悩みは人それぞれ!実は細かい悩みにも力を発揮するのが“開運神社”!

*2022年1月18日の放送で紹介されたものが再度紹介されました♪


2023年開運神社ベスト3

【第3位】大阪「恩智神社」

恩智神社(大阪・八尾市)

創建されて1500年以上、歴史のある国内でも有数の古社。

神様のお使いの動物が2匹おり、1つ目が2023年の干支の卯。うさぎは跳ねあがる姿から「飛躍」「向上」を表す縁起動物で卯年は何かを始めるにはとても良い年と言われている。
もう1つが龍。2024年は辰年。こちらの神社では幸せに導く龍と言われており、卯から辰に向かっている今年、両方が揃っている神社であるこちらがオススメ。

さらに撫でることができるうさぎ「神兎」がおり、撫でた手で自身の身体をさすると無病息災にあやかれるという。

また、空海(弘法大師)が見つけたという水「閼伽井戸」があり難病を癒すと言われている。

恩智神社
住所:大阪府八尾市恩智中町5丁目10番地
電話番号:072-943-7059
URL:http://onji.or.jp/

【第2位】栃木「伊勢神社 月讀宮」

伊勢神社 月讀宮(栃木県・足利市)

栃木県・伊勢神社の境内の祠。
祀られている神様は「ツキヨミノミコト」で月や夜を司る神様で全国的に祀られている神社が少ない。お月様の「ツキ」と運がついてきている「ツキ」がかかっており生活のバイオリズム整えるツキ回りが良くなるというあやかりが受けられる。

さらにお月様ということで神様のお使いがうさぎ。運がツク&運気が跳ねるW後利益。

伊勢神社 月讀宮
住所:栃木県足利市伊勢町2-3-1
電話番号:0284-41-5347
URL:https://www.instagram.com/isejinja/

【第1位】宮崎「一葉稲荷神社」

一葉稲荷神社(宮崎県・宮崎市)

名前の由来となっているのが一葉の松葉。
普通の松葉は2本だがこちらの松葉は一本で、一葉を見つけると縁起が良いと言われている。

最強の開運神社に選ばれた理由は、今年は60年に一度巡ってくる「癸卯」の年でこちらの神社はそれにピッタリ当てはまる言い伝えがある。
干支は「十干」「十二支」を略した言葉で、動物を表した十二支と1~10まである暦(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)を組み合わせたもの。
その「十干十二支」で導くと今年は60年に一度の「癸卯」の年。

「癸」は大地を潤す恵みの水を表しており、新たな生命・出来事が起きる開運を意味する。*諸説あり

そしてこの一葉稲荷神社には「癸卯」にぴったりの言い伝えがある。その元となっているのが本殿裏にある海に向かって祀られている小さなウサギの彫刻。
昔この辺りで大地震が起こり、その後にきた大津波が神社を飲み込もうとしたところ白いウサギが現れ、波を跳ね除け神社を守ったと伝わる。そこから参拝する人の悩みや不安を跳ね除けてくれるというあやかりといい波に乗り飛躍するというあやかりも受けられる。

一葉稲荷神社
住所:宮崎県宮崎市新別府町前浜1402番
電話番号:0985-22-4584
URL:http://www.hitotsubajinja.jp/

正しい参拝マナー

意外と知らない!正しい参拝マナー!

*2022年1月18日の放送で紹介されたものが再度紹介されました♪

*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります

スポンサーリンク

*神社ソムリエの佐々木優太さんは『ラヴィット!』にも出演。「最強の開運神社ツアー」を紹介しました。


『マツコの知らない世界』その他の記事はこちら↓


TBSテレビ「マツコの知らない世界」
火曜 20時57分~22時00分
出演:マツコ・デラックス

タイトルとURLをコピーしました